美しい音色のために心がけたいこと

 いつも読んでいただきありがとうございます。ピアノ教室MARE鵠沼海岸です。

気負いなくサクッと書きたいブログですが、なかなかそうもいかず、何を書こうかと

日々迷います。

ここまでテクニックに関したことを全く書いたことがなかったなあ、と気づいたので

ふだん心がけていること、少しだけお話ししますね。


 ピアノという楽器は、音を出すことに関しては楽器の中でも比較的易しい部類に入ります。

弦楽器や管楽器などは、音を出すまで一苦労。ピアノは鍵盤を押せば、とりあえず音はなります。

でも、人により全く違う音色です。美しい、美しくない、というだけではなくて

性格があらわれる感じです。幼い子どもも、ずいぶんはっきりと、ちがいます。

私がピアノを弾く時に最も気をつけていることは、聴いてくださる方が心地よいように、美しい音を響かせることなのです。

そのために絶対必要なのは、ずばり、腕の脱力と聴く力です。脱力ができないと、音色が悪くなるだけでなく、腕の疲労がたまって、難しいパッセージが弾けない、長い曲が弾けないなど、悪いことばかりです。

腕の脱力は口での説明が難しいので、生徒さんには私の腕や手の甲、指も肩も触ってもらいます。

触ってもらった上で、どのように筋肉が動き、関節を柔軟に、指は強く保つことを体感してもらいます。

触った後には、皆さんとても真剣に真似するので、耳を働かせながら、自分の音色が変わることを実感していただけます。喜んでいただけるので、こちらもとてもうれしい気持ちになります。

脱力。とても難しいことですが、美しい音のために、脱力。

ピアノ教室 MARE鵠沼海岸

「MARE」は「海」を意味するイタリア語 神奈川県藤沢市鵠沼海岸にあるピアノ教室です

0コメント

  • 1000 / 1000